ページ内を移動するためのリンクです。
社員インタビュー

社員インタビュー

「人の目」でおこなっている動きを機械にさせる。
大変ですが、目に見える成果にやりがいを感じています。

三村 遥香

プロフィール

2015年4月入社。大学では総合生命科学部で生命資源環境学を専攻。入社後に配属された品質管理課を経て、2016年1月に新設技術部技術グループへ異動。

三村 遥香

サンプラスチックスを選ぶ理由

食品包装容器に興味がある中、環境に配慮した製品を作る会社に就職しようと思い、就職活動をしていました。製品の薄肉・軽量化にこだわり、生産時にしようする資源を削減しようとしているということで、サンプラスチックスで働きたい、と思いこの会社に決めました。

仕事のやりがい

仕事のやりがい
私の現在の仕事は、人の目で行っている検査を画像検査という機械にさせることで、今後の工場完全自動化に関わってくる重要な仕事です。検査機で検査させたものは、お客様のもとに絶対に不適合品を納品させない為、日々検査の方法の検証や試行錯誤を行っています。この仕事の大変なところは、人の目で行っている「当たり前」の動きを機械にさせることにあります。機械は指示したことしか行いません。照明の当て方が1度変わるだけでも、検査対象とカメラの位置が数㎜横に移動するだけでも、人の目では感知できるものが画像検査機では感知できません。如何に人の目に使い検査を行わせるかが難しく、思った検査方法を確立するのが大変難しいです。ですが、検査方法が確立出来れば、検査担当者の削減に繋がります。目に見える成果に、やりがいを感じています。

入社前と入社後のギャップについて

入社前と入社後のギャップについて
入社前に工場を見学した時、色々なところが機械化・完成されているように見え、私が何か新しいことに携われるのだろうかと不安に思っていました。しかし、いざ入社してみると、新しくチャレンジできるところ、改善できるところがまだまだ存在していることを目の当たりにしました。完成しているように見えて、まだまだ成長途中なのだというギャップを感じました。

社内の風土

本社執務室内は部署間での物理的な壁がありません。そのため、同じ部署の人は勿論、他の部署の人でも相談等が行いやすい環境だと思います。また、他の部署の人が近くにいるため、部署を跨ぐような仕事や質問でも、直接対応できるので仕事がスムーズに行えます。

将来の夢

リアルタイムで生産された製品の良し悪しの状態が分かるような画像検査機の活用と検査方法の確立をしていきたいです。新しく設置する画像検査機は勿論のこと、今までの画像検査機もどんどん改善を入れていきたいと思っています

一日の流れ

8:00

出社

メール・スケジュールの確認

8:50

朝礼(執務室にて全部署参加)

昨日分生産報告
その他連絡事項確認

9:00

画像検査機等の調整・確認・検証

無駄バネ調整・内面検査フロー追加
色差に関しての報告

12:00

昼食

13:00

画像検査 検査方法の検証

検査方法の試行錯誤
検証の結果整理
引継ぎのための検査についての説明書作成

15:00

画像検査装置の検証

画像検査装置 側面検査照明検証

16:45

終礼

本日の仕事についてリーダーに報告
日報入力

17:00

退社

社員インタビュー

製造部

製造課

原 和志

原 和志

大野 佑斗

大野 佑斗

中村 竜之介

中村 竜之介

松田 絋和

松田 絋和

岡田 正揮

岡田 正揮

吉岡 洸

吉岡 洸

植村 真治

植村 真治

王 秀瑋

王 秀瑋

松尾 貴史

松尾 貴史

南  春輝

南 春輝

木村 慎吾

木村 慎吾

木村 滋希

木村 滋希

北村 智宣

北村 智宣

渡邊 健

渡邊 健

飯田  勇幾

飯田 勇幾

品質管理課

前田  大知

前田 大知

高橋 洋晃

高橋 洋晃

前田 啓光

前田 啓光

斉藤 一輝

斉藤 一輝

粟津 歩

粟津 歩

藤本 優也

藤本 優也

倉掛 拓見

倉掛 拓見

業務課

小西 智也

小西 智也

原 早霧

原 早霧

田端 敏幸

田端 敏幸

河合 寿美子

河合 寿美子

黒田 光博

黒田 光博

技術部

技術課

浅野 翔

浅野 翔

森田 誠

森田 誠

三村 遥香

三村 遥香

澤田 知里

澤田 知里

嶽  明憲

嶽 明憲

営業部

開発営業課

辻本 直起

辻本 直起

河村 美樹

河村 美樹

宮﨑 宜文

宮﨑 宜文

大西 春菜

大西 春菜

採用情報写真

採用情報

採用情報説明
よくあるご質問写真

よくあるご質問

よくあるご質問説明

PAGE TOP