ページ内を移動するためのリンクです。
社員インタビュー

社員インタビュー

様々な経験を重ね、その経験を活かし、工場無人化に向けて日々の仕事に取り組む

藤本 優也

プロフィール

2015年入社。三重県出身。大学では、法学部 政策法学科専攻。
新入社員研修を修了後、総務課に配属後、製造課に異動し現在は品質管理課に所属している。

藤本 優也

サンプラスチックスを選んだ理由

入社の決め手は2点あります。
①当社の製品は食品・医療の容器等を製造しているという点で私たちの生活に深く関わっている点。
②他社よりも幅広い仕事を任されるという点。
以上の点で入社を決意しました。

現在の仕事のやりがい

品質管理課の仕事は、顧客が要求する品質水準を満たす製品を生産、出荷できるように現場をコントロールするのが主な仕事です。
過剰な品質を追求すれば不良品が増加し生産数は減少します。逆に品質を軽視し生産数に重きを置き過ぎれば不良品が流出するリスクを高めてしまいます。
この相反する2つのバランスを意識して仕事中に判断し、その結果現場がうまく回った瞬間がこの仕事のやりがいです。

感動したエピソード ベスト3

①初めての画像検査調整
初めて自分自身の力だけで画像検査の調整を行えた時です。品質管理課に所属して最初の1歩を踏み出せた瞬間でした。
②停止状態の成形機の再稼動
製造課に所属していた頃の経験ですが、先輩社員が傍についていない状態で、機械を稼動させなくてはならなくなり、自分ひとりで完全停止状態の機械を復旧できた時です。
何時間もかけて調整した機械が稼動した瞬間は感動しました。
③知識を活かせた瞬間
総務課・製造課に在籍していたときに習得した知識を現在所属の課で活かすことができたり、他の課員から頼られた時は嬉しく思います。

社内の風土

先輩、後輩、同期共に仲がよくプライベートでも一緒に遊ぶこともあります。
冗談を言い合える仲ですが、仕事中は積極的な意見交換を行っています。
さまざまな意見を吸い上げる風土が社内にあるので、自分の提案についても
『まずチャレンジしてみろ』という積極的に取り上げて評価してもらうことができます。

将来の夢

将来の夢は、工場無人化に向けて自分が考える方向性は3つあると考えています。
①夜勤勤務をなくす ②遠隔で生産在庫管理が可能となるシステムの開発 ③海外拠点への展開
今は夢物語なのかもしれませんが、実現に向けて日々の仕事に取り組んでいます。

一日の流れ

7:00

出社

前直の勤務者からの引継ぎを受ける
所属課員のシフト状況の確認・メールをチェックする

8:00

デスクワーク

次の勤務シフトを作成

10:00

場内パトロール

生産中の製品確認

12:00

昼食

13:00

デスクワーク

製品の限度見本リストを作成する

14:00

引継ぎ準備

次のシフト担当者へ、現在の品質管理についての申し送りや
注意事項をまとめる

15:00

製造部 ミーティングへ参加

次の勤務シフト担当者へ業務内容を引き継ぐ
引継ぎに伴う事務処理

16:00

退社

社員インタビュー

製造部

製造課

原 和志

原 和志

大野 佑斗

大野 佑斗

中村 竜之介

中村 竜之介

松田 絋和

松田 絋和

岡田 正揮

岡田 正揮

吉岡 洸

吉岡 洸

植村 真治

植村 真治

王 秀瑋

王 秀瑋

松尾 貴史

松尾 貴史

南  春輝

南 春輝

木村 慎吾

木村 慎吾

木村 滋希

木村 滋希

北村 智宣

北村 智宣

渡邊 健

渡邊 健

飯田  勇幾

飯田 勇幾

品質管理課

前田  大知

前田 大知

高橋 洋晃

高橋 洋晃

前田 啓光

前田 啓光

斉藤 一輝

斉藤 一輝

粟津 歩

粟津 歩

藤本 優也

藤本 優也

倉掛 拓見

倉掛 拓見

業務課

小西 智也

小西 智也

原 早霧

原 早霧

田端 敏幸

田端 敏幸

河合 寿美子

河合 寿美子

黒田 光博

黒田 光博

技術部

技術課

浅野 翔

浅野 翔

森田 誠

森田 誠

三村 遥香

三村 遥香

澤田 知里

澤田 知里

嶽  明憲

嶽 明憲

営業部

開発営業課

辻本 直起

辻本 直起

河村 美樹

河村 美樹

宮﨑 宜文

宮﨑 宜文

大西 春菜

大西 春菜

採用情報写真

採用情報

採用情報説明
よくあるご質問写真

よくあるご質問

よくあるご質問説明

PAGE TOP